疑問に思っていたことQ&A

 

  Q1.剣道をするのにかかる費用は?

  Q2.初心者の稽古内容は?

  Q3.防具はどのくらいでつけられるか?

  Q4.稽古時間が長い?

  Q5.試合や練習試合はどれくらい参加している?

  Q6.どのくらいで級審査を受けられる?

  Q7.頭の回転がはやくなる?

   Q8.初心者の詳しい稽古時間

   Q9.小学校入学前のお子様は受け入れていますか?

 

 

Q1.剣道をするのにかかる費用は?

A.①竹刀:1本2,000円くらい~

初めの3ヶ月間くらいは、竹刀1本あれば十分のようです。

運動しやすい服装で、基本的な礼儀作法(正座、礼法 等)から入って、構え方、素振りの仕方、面打ちをやっていました。

<竹刀について>

竹刀は、割った竹を4本組み合わせて出来ています。その内の1本が割れたり、傷んだり(ささくれたり)したら、他の竹刀と組み合わせたり、削ったりすることができるので、新しい竹刀を買わずに済むかもしれません。初めの内は、先生方に教えてもらいながらの方がいいと思います。

 

②胴着と袴 6,000円くらい~

竹刀をもっていると、胴着と袴を着けた方がかっこいいので、最初から揃えてもいいと思います。

 

③防具一式(面、小手、胴、垂れ) 35,000円くらい~

数ヶ月経つと防具を揃えることになります。防具を揃えると、剣道で必要なものが揃います(初めから必要という訳ではありません)。但し、防具一式となると、高いように思えますね。でも、胴着、袴、防具は何年も使ってます。実際、子どもの成長にもよりますが、現2年生の息子は、幼稚園の年長から防具を付けて今でも同じものを使ってます。

 

④月会費:1,500円(H25.1時点、スポーツ保険等除く)

他の習い事と比べると、月会費が1,500円というのは、破格に安いので、防具等の値段は高いと感じるかもしれませんが、トータルで考えると決して高くないと思います。

   →→月見台剣友会の会費について詳しくはこちらへ 

 

 

Q2.初心者の稽古内容は?

A.基本的な礼儀作法(正座、礼法 等)から入って、構え方、素振りの仕方、面打ちをやっていました。

初めは、礼の仕方や正座の仕方、竹刀の持ち方など、基本となることをしっかり教えてもらえます。

 

それが出来ると、竹刀の持ち方や構え方、足さばきや素振りなどに移ります。基本の動作は、その後の上達に必要です。子ども達にとっては、正直、単調で面白くないかもしれません。途中でやめたくなるかもしれませんが、どんなものでも、そこを我慢すると、その後の上達に生きてきます。

 

水曜日の稽古では、防具を付けている子ども達も、面を付けないで足さばきから始めて、基本を常に意識して稽古をしています。次の基本打ちを練習する頃には、早く先輩達の様に防具を付けて稽古がしたくなりますよ。

 

 

Q3.防具はどのくらいでつけられるのか?

A.上記のとおり、素振り、打ち込みが上達してくると、いよいよ面付けです。春頃から入門したなら、年内には付けられると思います。ここでまた、竹刀で面を打たれると痛いという子もいますが、不思議と慣れるものです。応援し、励ましてあげましょう。

 

 

アドバイス、面は初めのうちは一人でつけられません、先生に教わったら毎日1回でもいいのでつける練習をして下さい。たとえば、今日は面タオルだけ、今日はひもの結び方だけとわけてもいいので、とにかく毎日面を触る・・・

練習していてもなかなかうまくできないものです。

だから頑張って練習して下さいね。一人でできるまでは、先輩が手伝ってくれますよ。 

 

 

Q4.稽古時間が長い?

A.13時から16時!!3時間も!? って私も思いました。

この時間には、稽古の他に、着替え、準備体操、礼式、雑巾がけ、休憩も含まれます。基本的な部分をしっかりやっているので、それくらいはかかってしまいます。

 

初心者は、休憩を増やしたり、 後半は見取り稽古にしたりと、子供の様子を見ながらやっています。

 

16時以降も、もっと強くなろうと思っている子ども達は、一般の稽古時間まで残って稽古をやっています。

保護者も近くで見学できますので、励まし、応援しながら見学できますよ。  

 

子供は休日1日家にいてもストレスが溜まるだけなので、どんどん身体を動かしましょう!!

野球やサッカーも親子で朝から夕方まで1日中練習に励んでいますよね?剣道は屋内競技ですから、日焼けの心配もないですし、座って見学できますよ。是非親子で初めてみませんか?

 

Q5.試合、練成会(練習試合)はどのくらい参加しているか。

A.保土ヶ谷区民剣道大会(11月)、保土ヶ谷区小学生練成大会(3月)、全日本少年少女剣道練成大会(7月)に毎年参加しています。その他、これまでの実績としては、保土ヶ谷区剣道連盟からの選抜で、横浜市大会や横浜市内各地区からの招待試合、他道場や剣友会主催の練成会、などがあります。

 

<試合について>

試合は、稽古で一生懸命学んだことを試すときです。いくら激しい稽古をしても試す場所がなければ、面白くありません。

是非、一緒に試合で喜び合い、悔しさを味わい、共に成長して行きませんか?子ども達の試合の観戦も楽しいものですよ。試合に負けて悔しがって泣いている姿は、学校では見られません。心の成長を肌で感じて見ませんか?

 

全国少年少女剣道練成大会は日本武道館で試合が行われます。剣道の全日本選手権や24時間テレビや有名アーティストがコンサートをやっていたりするあの大舞台に我が子が立てる機会はなかなかありません。

→→是非ギャラリーをご覧になって下さい。

 

Q6.どのくらいで級審査は受けられる?

A. 級審査は年3回、行われています。基本動作から行えば、1年くらい経てば、8級から順番に受けられます。上達にもよりますが、早ければ5年生くらいで、1級まで行けます。

 

Q7.頭の回転がはやくなる?

A.剣道は左手が重要です。その点が活きているのかもしれません。ピアノも両手を使うから頭の良い子が多いと聞きます。

剣道は単なる運動ではなく、1対1で勝負するので、色々な駆け引きも重要になります。右脳左脳をフル活用し、相手の動きを読んで、次の動きをして、と運動しながら更に脳を刺激し運動する・・・・・。自然と頭の回転がはやくなるのでしょう。剣道は文武両道。逆に言えば、頭も鍛えなければ剣道は強くならないようです。

 

Q8.初心者の詳しい稽古時間

A.質問が多かったので、回答します。日曜日は、13:00から16:00頃までです。

13:00に集合してから着替始めます。その後先輩達と準備体操、素振りをし、13:30頃から初心者の稽古がはじまります。15:00頃に全体の休憩が入りますが、初心者は慣れない事もあり子ども達の様子を見ながら休憩をふやしているようです。最後の方は、先輩達の稽古を見学してたりします。

水曜日は、18:30~21:00まで

20:00前には初心者の稽古は終わっているようです。

はっきりとした時間は決まっておりません。

 

Q9.小学校入学前の幼稚園生も受け入れていますか?

A.入学前のお子様は、怖がってしまう事がおおいので、体験してみてお子様ができそうであれば大丈夫です。泣いて嫌がっているお子様は、もう少し時期をずらしてもいいと思います。お子様のやる気です!!

体験をお父さん、お母さんと一緒もする方もいらっしゃいますよ!! 

※現在小学生未満の会員が増えています。(随時募集)

日曜日の通常稽古の小学生未満は15時まで。H25/2/11

 

 →→剣道をはじめて良かった点、思う事

 

 

月見台剣友会トップ / 稽古日程・場所・内容 / 会員募集 / 入会希望の方へ / Q&A / 良かった点 / ギャラリー / 掲示板 / 会員専用掲示板 / お問い合わせ / 剣道リンク