良かったこと、思うこと

 

  ・礼儀作法が身に付く。

~礼に始まり、礼に終わる~

 ・あいさつができる。

~大きな声が一番~

 ・人前に出ても堂々とできる。

~みんなの前で発表、表彰~

 ・仲間が増える。

~個人戦ではライバル、団体戦ではパートナー~

 

月見台剣友会の先生方は、

礼儀作法をきちんと教えて下さいます。

 

剣道は、稽古の前と後には正座で先生の前に整列し、黙想し互いに礼をします。稽古中では返事が小さいと何度もやり直しさせられます。また道場に入る時と出るときは一礼をする、竹刀はまたがないなど、礼儀、決まりを守る、子ども達は自然に当たり前のようにできています。保護者から見て子供達は立派です。先生方にはいつも感謝をしております。 

 

小学校の先生に、「息子さんはきちんと挨拶もできるし、敬語で話すこともできます。何か武道をしていると思っていましたが、剣道だったんですね。」と言われました。息子に対しては、今でもまだまだだと思うところはたくさんありますが、小さい頃は、あいさつも出来ず、人前で話すことなんて到底出来ないと思ってましたが、これも剣道のお陰だと思っています。

 

 剣道は個人戦ではライバルになり、団体戦では仲間になります。子どもは、共に成長していく仲間が必要です。野球やサッカー、バスケなどは団体競技ですよね。ライバルがいなければ、強くもなれないし勝ちたいという欲もでません。日々の稽古では、励ましあい、応援しあい、時には稽古に行きたくない時もあります。そんな時に仲間が頑張っているから、自分も頑張ろう、負けていられないと思うようになります。

ある大会で、団体戦の時息子は先鋒で負けが続いて落ち込んでいましたが、後のメンバーが息子に「俺が次に必ず勝ってくるから、大丈夫!!」と励ましているのを聞きました。すると、そのメンバーは宣言通り勝ってくれ、次の試合に進む事ができました。この後は、息子も負けてられないと気合が入り頑張っていました。

親が入らなくても、子ども達同士でチームを盛り上げているのを見て、仲間っていいなあ、成長しているなあと思いました。個人戦もいいですけど、団体戦でチームで勝って、みんなで喜べば感動も数倍になります! 

 

 

  

月見台剣友会トップ / 稽古日程・場所・内容 / 会員募集 / 入会希望の方へ / Q&A / 良かった点 / ギャラリー / 掲示板 / 会員専用掲示板 / お問い合わせ / 剣道リンク